連載10「彼の作品に何度涙し何度勇気づけられ何度癒されたかわかりません。」

連載10「彼の作品に何度涙し何度勇気づけられ何度癒されたかわかりません。」

自宅で開設している「ixy café」。
いのちが喜ぶこと、からだが喜ぶこと、たましいが喜ぶことを伝えてくださる講師の方をお迎えしています。たくさんの人がおいでくださるおかげさまで、私はいつもいつもご機嫌ハッピー。
この連載では、「ixy café」で出逢った素晴らしい方々のことをご紹介します。

今月のゲスト
ことばと音のハーモニーに命を吹き込むアーティスト
ミュージシャン

弓削田健介さん(ゆげたけんすけさん)

(有)加賀屋感動ストアマネジメント 代表取締役 加賀屋克美さん(かがやかつみさん)

今回は大好きなミュージシャン、弓削田健介さんをご紹介します。
弓削ちゃんは、研ぎ澄ました“ことば”を繊細に紡ぎ、キラキラ輝く宝石のような詩と、魂が震えるような曲に仕上げていく作曲家です。多くの彼のファン同様、私も彼の作品に何度涙し何度勇気づけられ何度癒されたかわかりません。
弓削ちゃんは憧れの“裸の大将”こと山下清さんのように、日本や世界中を歩き回って演奏活動をされています。そうやって大事にお付き合いを続けておられる現地の方との交流と出逢いと感動の中でできた洗練された手作りの作品だからこそ、多くの方の胸に響くのだろうと思います。
その弓削ちゃんとは、10数年前に友人の紹介で出会いました。彼がとっても尊敬する作家・ひすいこたろうさんに会うために佐賀から上京した時です。シャイなお二人は、緊張してほとんど喋らないで下を向いていらしたことが、今ではなんとも懐かしいです。

弓削ちゃんは、主に学校の教科書や副読本に掲載されるような合唱曲をたくさん作詞作曲されている関係で、学校の校歌を作ったり、ご自身のプロデュースで子どもたちのミュージカルを創作されたりと、とても多彩な活動をされています。去年のお正月には、友人達と佐賀まで行き、弓削ちゃん作の初ミュージカルを楽しんできました。子どもたちの歌、合唱含め、あまりの完成度の高さに涙、涙、アンコールの嵐でした。弓削ちゃんの歌「しあわせになあれ」に感激した出版社さんからの依頼で完成した絵本は、弓削ちゃんファンのみならず、たくさんの方が読み聞かせされているほどの素晴らしい絵本なので、一度お目通しいただけたら嬉しいです。
昨年から、天使のような歌声の、ことりゆきちゃんと「ゆげゆき 」というコンビを結成し、演奏活動をスタートしたところです。お二人のファンとしては、このコンビで、ぜひとも紅白に出場してほしいと熱烈に応援中です。
下記のHPで弓削ちゃんの心奮わせる作品を聴いてくださいね。

合唱作曲家 弓削田健介オフィシャルサイト
https://yugemusic.com/

人のご縁でご機嫌ハッピーカテゴリの最新記事