色の専門家 草木 裕子

1/3ページ
  • 2019.01.01

草木裕子先生に聞く「2019年のイヤーカラー」

2019年のイヤーカラーは、クリアー・ブルーです。次々とアイデアや可能性が。でも、答えに迷ったら、自分自身のブルーが意味する感覚を信じて。 「今年はどんな年にしよう」。 2019年の幕開けに、抱負や目標を掲げている方も多いのではないでしょうか。 今月は"今年の流れを色で紐解く"と題して、色の専門家 草木裕子先生に2019年のイヤーカラーをお伺いしました。 クリアーとブルー、そし […]

  • 2018.07.26

私たちの身体もたくさんの色でできていて、たくさんの可能性を持っているのです。

色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ (24) 真夏の陽射しの中で噴水を見ていると、虹が現れてとても嬉しい気持ちになります。 幸せって何色でしょう? と質問すると、「虹色」と答える方が多いのは、いろいろな色を一度に見ることができるワクワク感からでしょうか。 虹ができるのは、大気中の水滴がプリズムの役割となって、太陽光を分光することで起こります。 長波長である赤から順に短波長の紫までが見えるのです […]

  • 2018.06.20

災いから身を守り、生きる力を培ってきた祇園祭の赤。

色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ (23) 本格的な夏がやって来ました。 私が暮らしている京都は、他の地域からいらっしゃる方々に、本当に京都は暑いですね、と必ず言われます。 このような時季は涼しげなブルー系の色を求めたくなりますが、京都の夏は八坂神社の祇園祭の赤に包まれるのです。 その起源は平安時代にさかのぼり、鴨川の水害による疫病の流行を鎮めるために始まったのです。 赤は、色の世界では力強 […]

  • 2018.06.01

最近の自分がどのような状態? その補色が今、必要なことです。

色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ (22) 6月の自然の色というと、紫陽花の紫系を思い浮かべると思いますが、今日はその補色(反対)の色についてお話ししたいと思います。 紫の補色は黄色です。 光が無い闇の色である紫とは逆で、光あふれる色です。 夜と昼の両方があってこそ一日の循環が成り立つことと同じです。 睡眠の色である紫と目覚めを表す黄色はどちらも大切ですね。 そして、補色は相手の色を引き立て […]

  • 2018.05.01

梅雨の季節を迎えたら、グレーの空で心安らぐ時間を過ごして。

色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ (21) 夏を迎えるこの季節は、陽射しの眩しさに思わず手で光を遮ったり、目を閉じたりしてしまいますね。 私たちは勝手なもので、暑い季節になると日陰を探し、寒い時には日向が恋しくなります。 先日、飛行機に乗る機会があり、雨が降り出しそうな曇り空の中での離陸となりました。 でもしばらくして灰色の厚い雲を抜けると、そこには目が覚めるような真っ青の空と、一面真っ白な […]

  • 2018.04.01

人は違う色( 個性)があるから、理解しにくいこともわかり合えることもあるのですね。

色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ (20) 新年度を迎えると、心が前向きになる反面、新たな環境に慣れるのに時間がかかることもあります。 カラーセッションにいらっしゃる方も、人間関係の悩みなどを抱えていることが多いのもこの季節です。 そこで今回は、関心が高い血液型を色と繋いで解説してみたいと思います。 まずはA型。これはイエローで表すことができます。 基本的な性格は、真面目、神経質、几帳面など […]

  • 2018.03.01

色が無い世界から色どり豊かな世界に… 自然に心が弾みます。

色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ (19) 山間部や北の地方では雪解けの季節がやって来ました。 春の足音を感じると心も軽やかになります。 自然界の生物たちが目覚めるように、私たち人間も、とても前向きな気持ちになりますね。 雪の色は白。その雪が解けると透明の水になりますが、これはなぜなのか?と考えたことがあり、色彩の意味から読み解いてみることにしました。 雪景色では一面が白で覆われていて、たく […]

  • 2018.02.01

男性=赤、女性=青。だから父と母から生まれる赤ちゃんは、神秘の奇跡(紫)。

色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ (18) 今年も節分を迎える時期がやってきました。 季節を分けることからそのように言われ、立春の前日を「節分」で表します。 色彩の世界では、人々が持つイメージで四季を表現することもできますが、中国から伝わる五行思想では、冬を玄(黒)、春を青(緑)で表します。 これは、色彩の意味としては、それぞれの文化や気候風土、また思想による象徴学として扱います。 日本で一 […]

  • 2017.12.18

今年は「クリアー・ピンク」。周りの人への愛があるから生きる力を養えるのです。

色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ (17) あけましておめでとうございます。 今年も新しい一年がスタートしました。 2018年、みなさまの幸せが彩られることをお祈りいたします。 さて、まずは2018年のカラーについてお話したいと思います。 いつもプロ・アクティブさんで行っているカラーセッションのオーラライトでは、その年をカラーで表すことができます。 今年は「クリアー・ピンク」です。これは、誰 […]

  • 2017.12.01

同じ「あお」でも、漢字で表すことで情緒を使い分ける日本の感性。

色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ (16) 夕暮れを迎える時間が早くなりました。 私は、夕焼けの光を名残惜しそうに暮れていく空の色が好きです。 深い青紫色で、群青色とも言います。 色彩を漢字で表すと、よりそれがどのような色かが伝わってきます。 「群青」はインディゴやラピスラズリーの色。 青が群れると書くことから、その深さを表現しているのでしょう。 日本語で言う「あお」には、沢山の漢字での表現 […]

  • 2017.11.01

リーダーはレッド。エネルギーの強さや人を引っ張る力が赤と繋がるから。

色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ (15) 今年の夏の終わりに、イタリアへ行って来ました。 今回の旅のテーマは、ルネッサンス芸術と二千年前の遺跡です。 絵画は日本でも展覧会で見ることができますが、遺跡は現地に足を運ばないと観ることができません。 そこで、ナポリから近いポンペイ遺跡を訪ねました。 紀元後79年にヴェスヴィオ火山の噴火により、火砕流に埋もれた街が今も残っています。 灰に埋もれた状 […]

  • 2017.09.23

色の春夏秋冬。どこに自分が属するかが解れば、色の使い方が素敵に。

色の専門家・草木裕子の色どりメッセージ (14) 秋の風を感じる季節になりました。 前回に続いて、パーソナルカラーのお話をしたいと思います。 それぞれの人が持つ色素から、大きく分けてイエローアンダートーンとブルーアンダートーンに分けることができます(その中間の人もいます)。 この2つを単に暖色系(赤、オレンジ、黄色)と寒色系(青、紫)に分けるのではなく、それぞれの色には暖かさや冷たさの表情がありま […]

1 3