2/55ページ

2/55ページ
  • 2022.02.01

「~今年の流れを色で紐解く~ 2022年のイヤーカラー」

2022年のイヤーカラーは「レッド・レッド」。 「迷ったら動く」「動くと見つかる」をテーマに、挑戦や勝負するぐらいの気持ちで過ごしてみては? 今年最初の「聞いてあのね」は、毎年恒例、色の専門家 草木裕子先生によるイヤーカラーのお話です。2022年の流れを紐解いてくれる色は、さて何色?そして色を通して私たちにどんなメッセージを伝えてくれるのでしょうか。(スタッフ/舟久保) レッド・レッドの流れは、ま […]

「ミラクル」

人間関係の新陳代謝が加速する年。自分の軸を知ることが大切。 こんにちは。お元気でいらっしゃいますか? 今月は旧暦でいえば旧正月。私達の会社では、毎年2月の初めに社内でキックオフイベントを行い、次のステージへ向かう気持ち合わせや、新たな価値観に触れる学びの場にしています。 今年は、私の出身大学(関学)の同窓生で20年来の友人であり、累計90万部のベストセラー作家でもある、はづき虹映さんにプチ講演とワ […]

  • 2022.02.01

連載壱 あっという間に字がキレイになる!美文字バランス3原則

連載壱あっという間に字がキレイになる!美文字バランス3原則 こんにちは。書道のはな*みち主宰 書道家 高宮華子です。 今回より大好きなプロ・アクティブさんで、美文字のコラムを書かせていただくことになりました。 どうぞよろしくお願いいたします。 早速ですが、皆さんは、字を書くことはお好きですか?それとも苦手意識がありますか? デジタル全盛期のいま、手書きのシーンは限られてきましたが、それでも手書きの […]

  • 2021.12.01

フィリア姉妹のほめられホメオパシー7 「クリスマスシーズンは好きな宝石のレメディでキラキラした気分に」

クリスマスシーズンは好きな宝石のレメディでキラキラした気分に ホメオパシーには貴石や宝石を原料とする「ジェムレメディ」と言われる一群があります。30年ほど前からと歴史は浅いのですが、スピリチュアル的な要素もあり、とても人気があります。 インド医学では「チャクラ」というエネルギースポットが主に身体に7つあるとされ、各チャクラに対応する色があります。ジェムレメディはその宝石や貴石の色により働くチャクラ […]

  • 2021.12.01

「信頼という「キズナ」で結ばれた事は大きな財産」

信頼という「キズナ」で結ばれた事、いつもいつも応援していてくださった事、大きな財産です。「私はひとりぼっちじゃない」と信じてきました。 こんにちは。お客様担当の望月です。 いつもプロ・アクティブをご愛顧いただき、ありがとうございます。気がつけばもう12月。皆さまにとって、どんな一年でしたでしょうか。 今年も様々な商品やイベントを介して、たくさんのお客さまとご縁をつなぐことができました。ハガキでのお […]

  • 2021.12.01

「聴く処方箋」

「音」が、医療的にも当たり前に使われる時代がすぐそこまで。 こんにちは。お元気でいらっしゃいますか? 早いもので、もう師走。コロナ禍で心身共にストレスを感じながらも、何とか無事に過ごすことができていたとしたら、それだけでも良かったのかもしれませんね。 コロナ禍前は、時間に追われるように身体を酷使、疲労しながら走り続けていましたが、コロナ禍で巣ごもり時間が急増し、今度は狭い世界に閉じ込められて、心が […]

  • 2021.12.01

連載18 「夢は『銀河アイドル』になること。地球をもっとハッピーで楽しい星にして、銀河全体を光らせる存在。」

自宅で開設している「ixy café」。 いのちが喜ぶこと、からだが喜ぶこと、たましいが喜ぶことを伝えてくださる講師の方をお迎えしています。たくさんの人がおいでくださるおかげさまで、私はいつもいつもご機嫌ハッピー。 この連載では、「ixy café」で出逢った素晴らしい方々のことをご紹介します。 今月のゲスト ixy cafeの産みの親 作家・天才コピーライター ひすいこたろうさん 今をときめく天 […]

  • 2021.12.01

Chapter12 本来の自分に還る旅

いつだって空は上にある みなさん、空を見上げてますか? ボクの友人でshogenというアフリカンペイントのアーティストがいます。 タンザニアのブンジュというところで村人たちと暮らしながら、学んだり気づいたりしたことを作品にして、それをお話ししながら個展をして全国を回っています。 彼がブンジュに行った当初、会う人会う人に「shogen、今日も空を見上げたか?」「shogen、明日も空を見上げるよな? […]

連載17「行き詰まっている地域社会に風穴を開けるという 先を見据えたイノベーション。」

自宅で開設している「ixy café」。 いのちが喜ぶこと、からだが喜ぶこと、たましいが喜ぶことを伝えてくださる講師の方をお迎えしています。たくさんの人がおいでくださるおかげさまで、私はいつもいつもご機嫌ハッピー。 この連載では、「ixy café」で出逢った素晴らしい方々のことをご紹介します。 今月のゲスト 「人生の編集者」 編集者・文筆家・映像作家 鈴木 七沖さん(すずき なおき)さん 「人生 […]

Chapter11 本来の自分に還る

断食はエンターテインメントだ!! 「われわれは食べる量の4分の1で生き、4分の3は医者のために食べる」。6000年前に建てられたピラミッドの碑文に書かれていたそうです。 「飽食の時代」といわれる現代になってなお、健康や長寿のために何をどう食べるのかのみがテーマで、分子レベルの栄養学まで進んでいるのに、専門分野で少食や断食について語られないのが不思議でなりません。まあ、栄養学なので食べない研究をする […]

「キネマの神様」

山田洋次監督こそが、彼女にとっての「キネマの神様」でした。 こんにちは。お元気でいらっしゃいますか? 食欲の秋、行楽の秋、文化の秋ですね。 文化といえば映画もその一つ。少し前になりますが、とても心に沁みる素晴らしい作品を劇場で観ました。それは新型コロナ感染で無念にも急逝された故志村けんさんが初の主演を務められることになっていた「キネマの神様」という映画です。 この映画は日本映画界の巨匠である山田洋 […]

フィリア姉妹のほめられホメオパシー6 7つのチャクラの調子を整えるインポンダブル「虹のレメディ」

7つのチャクラの調子を整えるインポンダブル「虹のレメディ」 今までご紹介してきたレメディたち、Acon(アコナイト/トリカブト)、Arn(アーニカ/ウサギギク)、 Chin(チャイナ/キナの樹皮)は、ホメオパシーの創始者ハーネマンが自ら作ったもので250年前のホメオパシー創世記からあるものです。しかしハーネマン亡き後も、レメディは作られ続けています。その中に1900年頃から主にイギリスで作られるよ […]

1 2 55